もしもお店を任せられる立場になったら

ユニフォームもセールスプロモーションの一環

飲食店や商店では商品の魅力を第一に伝えなければいけません。しかし、店のことも知ってもらわなければ新規顧客開拓はできないでしょう。そこで商品を宣伝する以外のセールスプロモーションも導入する必要があるのですが、その1つがユニフォームです。飲食店や商店は若いアルバイトが中心の店が多くなっています。

このように若い人は、お店のユニフォームを見て求人に応募してくることもあるのです。求人に応募してくるのであれば、お客もユニフォームを見て来てくれるのでは?と考えるでしょう。実際にユニフォームがかわいいからちょっと寄ってみようと考える人もいます。このようにユニフォーム1つでも立派なセールスプロモーションができているのです。

特に飲食店や商店は不特定多数の人に宣伝しないといけない業種なので、看板やのぼり旗だけではなく、従業員も宣伝の一環だと言えるでしょう。まずは良い人材を確保し、接客方法や商品知識などの基本的な教育を行うことに意識がいきがちですが、ユニフォームという何気ない物であっても十分宣伝効果を発揮するということも忘れてはいけません。

確かに、従業員教育も決して軽んじることのできない非常に重要な要素ですので、そこもおろそかにはできませんが・・・。

定期的に、しかも大胆にユニフォームを変更することによって、話題を作り出すというのも面白い戦略になるかもしれません。

もしあなたがお店を任せられる社員になったら、どのようにしてお店の売り上げを伸ばそうと考えるでしょうか?考えていると、アイディアが無限に湧いてきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です